深南部牛追唄

布谷文夫。大瀧詠一のLet's Ondo Againでしかこれまで知らなかった唄手。CDには、湯浅学の力の入ったライナーノートがついてる。ブルース・クリエイション時代の布谷について「民謡調のこぶしをぐるぐるまわしてカタカナで爆唱する布谷のブルースはまさしく和製であった」と湯浅。ロックに転向してブルース・クリエイションを脱退し、DEWを結成。ライヴ版だけが残されているという。2012年1月15日、脳出血で永眠。ライヴで聴いてみたかった。

つれづれ

2019年

2月

11日

ケネス・ロナーガン監督『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

続きを読む

2018年

12月

23日

デイヴィッド・ヘア作『スカイライト』

続きを読む

2018年

10月

18日

サミュエル・マオズ監督『運命は踊る』

続きを読む

2017年

4月

30日

ケン・ローチ監督『わたしは、ダニエル・ブレイク』

続きを読む

民衆交易/フェアトレードによるバナナ、コーヒー、黒砂糖、チョコレート、オリーブオイルなど、フェアな取引のオーガニック食材を販売

埼玉大学教養学部ウェブページ